社宅をアウトソーシング|eラーニングの人材育成は利便性が良い|良い人材を育てる方法
レディ

eラーニングの人材育成は利便性が良い|良い人材を育てる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

社宅をアウトソーシング

マンション

社宅を利用するためには、専門の担当者を置く必要があります。しかし社宅を利用する人数が少なかったりした場合には、これだけのために担当者を置くのは効率的とは言えません。このため社宅業務を代行してくれる社宅代行と呼ばれるサービスがあります。社宅代行では、社宅として使える賃貸住宅の斡旋から、会社、入居者、貸主や管理会社との間で発生する賃貸借契約の調整役をしてくれるものです。このため社宅代行では煩雑な事務処理を適切に行ってくれるメリットがありますし、専業としてのノウハウで高品質な社宅を低コストで提供してくれます。また貸主とのトラブルも社宅代行が行うので、入居する社員や会社に問題が波及することがないといったことも魅力です。

社宅代行を利用するメリットは、さまざまなスキルを外注できるということです。日本での賃貸借契約では、敷金・礼金といった風習がありますし部屋を返すさいには原状回復の義務が発生します。これらはローカルルールとも呼べるもので、担当者のスキル次第で費用が大きく変わってきますが社宅代行であれは、交渉能力や経験が豊富なためコストカットに繋げることができます。また社宅では会社が家賃を支払う必要がありますが、それらの出金管理が必要で複数の社宅を利用している場合には業務が煩雑になりますし、また社宅の新規契約をしなければならない時期は重なることが多く、このため自社で担当させるには一時だけ忙しくて手が回らないといった状態に陥りますが、社宅代行を利用すればこれらを適切に処理することができます。