学びの場での子育て支援|eラーニングの人材育成は利便性が良い|良い人材を育てる方法
レディ

eラーニングの人材育成は利便性が良い|良い人材を育てる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

学びの場での子育て支援

保育士と子供

学び教えやすい環境作り

いわゆる待機児童問題などを見ても分かる通り、地域における保育施設は慢性的な不足状態にあります。そのため、近年では通常の保育園とは異なるタイプの託児施設がさまざまな場所に設けられるようになっています。オフィスや工場の一角で社員の子供を預かる企業内保育、病院の一角で医師や看護師等の子供を預かる院内保育などがその代表例ですが、大学内保育もそうした保育システムの1つです。大学内保育は、大学に勤務する教職員の子供を預かり、職務に専念できるような環境を整備することを目的としてキャンパス内に託児施設を設けることをいいます。最近は社会人入試によって家庭や仕事を持ちながら学生になる人も多いため、子供を持つ学生の利用も受け入れるようになっています。

優秀な人材の確保に有益

大学内保育は制度そのものは1950年代ごろからすでに存在していました。大学の研究者は1人1人がスペシャリストであり、「やめても代わりがいる」というタイプの仕事ではないため、妊娠・出産を経てもなお働き続けられるよう、教職員同士が相互扶助的に始めたのがその起源だとされています。現在の大学内保育は、大学当局側が積極的に推進する形で普及が進んでいます。優秀な人材を確保あるいは輩出し、女性の社会進出を促すというのが主な目的ですが、同時に大学のイメージアップにもつながるという副次的な効果も生み出しています。以前の大学内保育では保育士の有資格者などを直接雇用するケースも少なくありませんでしたが、現在は専門の事業者に委託するのが主流となっています。施設の設計から人員の配置まで、経験豊かなプロフェッショナルが運営しています。