女性

eラーニングの人材育成は利便性が良い|良い人材を育てる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

社宅をアウトソーシング

マンション

社宅代行は、社宅の用意に必要な業務を行ってくれるものです。社宅として賃貸住宅を借り上げる場合には個別に契約を結ぶ必要がありますが、これらを自社で行うには手続きが煩雑になり費用も多くかかります。社宅代行であれは専門スキルを持ったスタッフが対応してくれるのでコストカットが可能です。

もっと読む

学びの場での子育て支援

保育士と子供

大学内保育は、大学のキャンパス内に託児施設を設け、教職員や学生の子供を保育することをいいます。地域保育園における定員不足問題の解決につながるとして注目を浴びています。専任事業者に委託すればスムーズに開設・運営を行うことができます。

もっと読む

企業に欠かせない人材教育

説明

デジタル時代の育成方法

eラーニングはコンピューターとデジタルメディアを利用した研修システムで、インターネットと標準規格(SCORM)の普及により企業の人材育成に欠かせないツールとなりました。eラーニング、特に近年のインターネットを利用した人材育成方法はWIFIの接続環境があればいつでも受講できる利便性の良さが特徴です。ただし人材育成はその性質上定期的な実施が望まれるため、eラーニングコンテンツを準備する手間が担当部署にかかります。コンテンツ作成にかかるコストを考慮し、費用対効果が見込める内容に絞る事が重要となります。これらのことを気をつけて運用すればeラーニングは企業の人材育成手段として強力なツールとなることでしょう。

メリットの数々

eラーニングで人材育成を行うことの特徴として利便性を先に挙げましたが、その他にも企業にとって多くのメリットがあります。実施過程においてeラーニングを受講するたびに履歴は蓄積され人材育成における個々の学習率や頻度をグラフ化して指標を作ることが出来ます。また、eラーニングで受講した内容の理解度をチェックするためにテストを設けて、ある程度の正解率の人だけ次に進めるような制御フローを設けることも出来ます。人材育成は繰り返し行い時間をかけて行うものですので、これらの機能の企業にとっては有り難いツールとなるでしょう。この記事をご覧の皆さんで企業の人材育成担当者がおられましたらeラーニングの導入を考えてみるといいでしょう。

人材育成に欠かせない

会議

企業研修は、社員の育成のために欠かすことができないものとなっている。企業研修を行う場合には、社内の人材を活用して研修する場合と、外部の講師などを活用する方法がある。外部講師の研修では、社内にない知識や考え方を教育できる。

もっと読む